アレルギー体質を改善するために必要な3つの習慣

澄肌漢方堂を毎日定期的に飲むことで、症状は改善していきます。

しかし、もっと効果的に症状が改善する方法はないのでしょうか?

少しでも早く、かきむしってしまう生活から開放されたい…

そのために必要な3つの注意点を紹介します。

皮ふ炎の原因は何?

そもそも、皮ふ炎の原因は何なのでしょう?

生まれつき、ストレス、食生活、化粧品や金属品によるかぶれ…等、いろいろな原因が考えられます。
また、一つだけでなく、いくつかの要因が絡み合って症状が出てしまっていることが多いので、
簡単に特定することは難しいのが現状です。NOサイン

しかし、もっと根本的な原因はないでしょうか?

それが「アレルギー体質」と「免疫力の低下」です。

アレルギー体質

アレルギー体質とは、体内に入った異物に対して体が過剰に反応してしまう体質のことです。
皮ふ炎の患者様はこのアレルギー体質の方が多く、
ちょっとした刺激に対してもかゆみを引き起こしてしまいます。

免疫力の低下

免疫力が低下すると、体内に侵入しようとする細菌や化学物質を排除できなくなってしまいます。
その結果、皮ふ炎で肌が一度傷ついてしまうと、なかなかキレイな肌に戻れないのです。

この2つを改善するために必要なことが「アレルギー体質を改善するお薬」と「免疫力を高める3つの習慣」です。

「アレルギー体質を改善するお薬」は澄肌漢方堂のことですが、
「免疫力を高める3つの習慣」は、毎日の生活から改善していかなくてはいけません。

皮ふ炎改善の為に必要な3つの習慣とは?

  1. 食事は腹6分目にする!
  2. 食事の時、1口ごとに50回噛む!
  3. 食品添加物を避ける!

この3つはアレルギー体質・皮ふ炎改善の為にとても重要なことです。
一つ一つを解説していきますね!

食事は腹6分目にする!

なぜ「腹6分目をこころがける」のでしょう?もぐもぐ
それは、胃腸と免疫力の関係性にあります。

「胃腸に負担がかかると、免疫力が低下する」と言われています。

体の中のナチュラルキラー細胞と呼ばれる免疫細胞は約7割が腸で作られており、
胃腸に負担がかかることで免疫細胞が働きづらくなってしまいます。

免疫力が低下してしまえば自己治癒力が低下し肌の再生力が衰えてしまうので、
胃腸の負担を避け免疫力を高める事がとても大事なのです。

そのため、胃腸の消化負担を減らすために「腹6分目を心がける」ことが必要。
腹6分目は、食事をしはじめて「まだまだいける」と感じるくらいのお腹の状態を言います。

最初は空腹を感じ、お腹が満たされないかもしれませんが、
食事の際は最初にかさ増しをしてくれる野菜を多めに食べたり、
温かい汁ものを口にする事で、満腹中枢を刺激してくれます。

まずはごはんの量を減らしたり、いつもより小さい器を使うようにして、
それ以上食べないように腹6分目を意識した食事を心がけましょう。

慣れてくれば、腹6分目でも満腹感を感じられるようになりますよ。

食事の時、1口ごとに50回噛む!

皮ふの炎症を改善するために、胃腸への負担を減らし免疫力を高めるには、
なるべく固形状になっている食べ物をなくした状態で、胃に物を流す必要があります。

そのため、澄肌漢方堂では皮ふ炎改善の為に守って欲しい3つの習慣の中の1つに、
「食事は50回噛む」ことを提唱しています。
50回噛むことのメリットとして、食事の時間が長くなることも挙げられます。

お子様の場合は、ご自身で50回噛むということが難しいと思いますので、
ご家族が消化に良い料理や素材を細かく切るなどして、胃腸に負担がかからないよう工夫をしましょう。

「ながら食い」はしない

忙しく過ごす方が多い現代の生活ではスマホやPC、テレビなどを見ながら食事を済ませてしまう方が多くいます。

他の動作をしながら食事をすると、食事に集中できず知らず知らずのうちに食べ過ぎてしまい、胃腸に負担がかかってしまいます。
「ながら食い」は、アレルギー体質・皮ふ炎の方でなくてもあまり良い習慣ではないので、
お食事する時はお食事に集中するようにしましょう。

食品添加物を避ける!

食品添加物は良くない・・・というのは、あなたもなんとなくおわかり頂けるかと思います。

ではなぜ、アレルギー体質や皮ふ炎に対して、食品添加物がよくないのか?というと、
食品添加物は、もともと自然界に存在しない物を化学と人間の力を使って作った物なので、体内で消化しにくいのです。

自然界に存在しないものを体内に取り入れると、体のバランスが崩れ自然治癒力や免疫力が低下します。
その化学物質を体内から頑張って追い払おうとした結果、皮ふ炎が悪化してしまうのです。

インスタント食・コンビニ食を避ける

食品添加物は、主に長期保存出来るインスタント食品やコンビニのお弁当などに使用されています。
手軽に購入でき、すぐ食べられる食品はとても魅力的で、
特に一人暮らしの方や料理をするのが大変な時には重宝します。

しかし、アレルギー体質・皮ふ炎を改善したい方にとっては、
腸内環境の悪化から免疫力の低下を引き起こしますので、
食品添加物がかゆみの原因となってしまいます。

本気で改善させたい!と思う方は、手作りの料理を出来る限り選ぶようにしましょう。

おやつは我慢

私も学生の頃は、スナック菓子や揚げ物ハンバーガーなど、

簡単に食べられるものをファーストフード店でよく食べていました。

その頃の肌状態はというと、顔の吹き出物がひどく、赤くこもった吹き出物がとてもコンプレックスでした。

大人になり、和食を中心に食べるようにしてからは、吹き出物が出ることはなくなりました。

やはり、私達の身体は、食べる物で作られているんですね。

お食事を見直すことは、とても重要ですので、あなたもぜひ今のご自身のお食事はどうか、見直してみてくださいね。

© 2021 澄肌漢方堂はアトピーに効果ある?実体験したから言える、口コミや評判だけでは判らない本当の情報ブログ